パトロンの作り方

パトロンが欲しいと望んでいた私の期待は膨らむ一方
 30歳、がむしゃらに働く女です。
中小企業で働いているため、どれだけ頑張ったところで収入はたかが知れているのです。
仕事は、あんなに頑張っているのに。
朝早く起きて、職場に行って、残業だってやっているんだけど、お金なんかちょこっと・・・。
少しは良い思いをしたい。
お金を自由に使いたい。
美味しい料理だって食べたい。
誰かにお金を助けて欲しい。
この考え、ありました。

 ネットで調べて分かったこと、それはパトロンという存在です。
大人のお付き合いをしないこと。
対価として、基本は食事デートが多いこと。
それだけ出支払いが発生するというものです。
瞬間的に、パトロンの作り方はどうすればよいのか?
脳内に駆け巡ってしまいました。
パトロンの作り方の知識など一つもない私です。
でもパトロンと、どうしても出会いたい気持ちを強めてしまったのです。

 パトロンの作り方として選び出したのが、無料掲示板でした。
愛人掲示板の中だったら、パトロンも見つかるだろうと判断しました。
強烈なメッセージを書き込み、男性からの連絡を待つことになりました。

 メールは到着するけれど、問題外のものばかり。
つまり、肉体関係作りたい人からのメールばかりでした。
無料の掲示板は何回投稿しても、同じメールが堂々巡りでやって来るばかりって感じでした。

 一からの仕切り直しです。
パトロンの作り方をネットでしっかりと確認しました。
老舗出会い系アプリを利用することだったのです。
これが分り、アプリインストール&登録していきました。

 50代の内科医男性との出会いが、出会い系アプリの中で訪れました。
凄く穏やかでいて、紳士的で、いかにもセレブな雰囲気の人でした。
夜景の綺麗なレストランでの高級料理でした。
ワインもいただき、美味しい和牛も頂き、帰りには3万円の入った封筒が手渡されたのです。
ニッコリと笑ってから、定期的な関係を作りたいと言ってもらえてしまいました。
お金欲しい掲示板
デブのパパ活
金づる男

テキストのコピーはできません。